山上被告は統一教会のせいで大学に行けなかったのではない? マスメディアの闇

広告
大学の卒業 政治
広告

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 安倍晋三元首相暗殺事件の山上徹也被告は、母親が統一教会に高額の献金をしたことによって大学に行くことができなかったと言われている。

 ところが事実はそうではなかったという証言が出てきた。

広告

早い時期の記事

 母親が統一教会に高額の献金をしたことによって大学に行くことができなかったという話は、暗殺事件から間もなく広まった。

 2022年7月15日に次のような記事が出ている。